悪徳業者に備えて6

悪徳業者B、襲来

 

Aに続き、Bがやってきた

 

Aが来た次の日にBがやってきた。そして、Aが指摘した場所と全く同じ場所の不具合を指摘した…

違う人から同じ場所の不具合を指摘されると、本当にヤバイんじゃないかと思ってしまう。実はこれが奴らの手口なのだ。

今更ながら、自分が懐疑的で本当に良かったと思う。Bから全く同じ場所を指摘された時点で「本当に壊れてるんじゃないか」と思ってしまったのだが、どうも腑に落ちない。よし、自分の目で見てやろうと思い、Bと一緒に外へ出ることにした。

 

Bと一緒に庭から屋根を眺めてみる。いろいろとBが説明してくれるのだが、どこがどう悪いのか、さっぱり分からない。Bが「あそこから眺めればよく分かりますよ」と言うので、一緒に移動。今度は道路を挟んで眺めてみる。さっぱり分からない。Bが「お隣の屋根と比較すると良く分かりますよ」というので、較べてみると… うーん、隣の家の瓦の方がズレているように見えるのだが? 隣の家が正常なのか? 隣の家はほぼ同じ時期に建てられたもので、形もデザインも我が家にそっくり(たぶん、同じ系列の施工会社)。隣の家の方があからさまに風当りが強いので、不具合が出るとしたら隣の方が先だと思うのだが… たまたま、ウチが早く出てしまったのか? 目が悪いせいか、判断できない。

 

不具合が本当ならば、早急に対策した方が良いのは分かっているのだが、どうも引っ掛かる。屋根は正常なのか、ダメなのか。これを確かめるために翌日、あるアイテムを手に入れ、ある行動に出る(続く)。