悪徳業者に備えて7

悪徳業者B、襲来

 

Aに続き、Bがやってきた2

 

遠くのものをより詳細に見るためにはどうしたら良いか? 答えは簡単だ。最近、話題のハワイにあるすばる望遠鏡と同じものを用意すればいい。まあ、実際に用意したのは双眼鏡とオペラグラスの中間くらいのものだったけど。これで見れば、手に取るように分かるハズだ。

 

…どこをどう見ても、瓦がズレているようには見えないのだが…… むしろ、隣の家の方がズレてるように見えるんだが…… 様々な角度からも眺めてみたし、家の近くのちょっと高い場所から眺めてみた。遠くからも眺めてみた。それでも、本当に不具合があるのかどうか、さっぱり分からない。

ここで重大な事実に気付く。そもそも瓦屋根の正常な状態を知らないのだ。正常な状態のものを詳細に観察したことがないから、家の屋根と比較できず、ズレてるかどうか判断できないのだ。何てことだ、これも悪徳業者の手口じゃないか! 『見えづらいから分からない』だけでなく、『見えても判断できない』から騙されてしまうのだ。二段構えとは用意周到じゃないか!!

 

ここで諦めてしまっては悪徳業者の勝ちとなってしまうだろう。要は比較対象となる「正常な瓦屋根」をつぶさに観察し、覚えれば判断できるのだから、まだまだ手はある。しかし、この方法はヤバイよなあ。違法性はほとんどないけど… 取りあえず、ある目的地に向かうため、車に乗り込み、地図でその場所を確認する(続く)